WiMAXの3日3GB制限も急展開?

UQ-WiMAXを運営するUQコミュニケーションズが7/14付けで『「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について』とのお知らせを出しています。

【外部リンク:UQコミュニケーションズからみなさまへのお知らせ:UQコミュニケーションズ】

WiMAX2+の速度制限について以前記事で「今後改善されて欲しい」と書きましたが、思いのほか早い段階での規制運用見直しが入るようです。

規制運用の見直しに至る経緯

なぜこんなお知らせを掲示して「規制運用の見直しを検討する」とUQが言い出したのか、ということについて、ご存じの方々はご存じでしょうが、簡単にご説明。
6月になってUQが運用開始した通信規制後、2ちゃんねるや多くのブログでユーザーの不満が爆発しました。「不満が爆発」と言ってもネット上ではそんなことは日常茶飯事でありお祭りみたいなノリもあります。騒ぐだけ騒いで時間がたつと忘れていく・・・と。ところが今回は「発起人」氏なる方が現れてなにやら「集団訴訟」めいた流れになってきたんです。発起人氏は今回のUQの問題を踏まえモバイル業界全体の問題提議をし、その解決のために関係省庁への働きかけやご自身で弁護士と相談してのUQへの各種要望提出などを行われたのです。そしてその活動についてインタビューを受け、フジテレビやNHKで放送されたというわけです。すごい行動力!テレビ見てるとまだ随分と若い方なんですね、私と同じくらいかなぁ(私、28歳です)。

発起人氏(本名公開されています)のブログはこちら
【外部リンク:モバイル健全化への一歩】

署名活動のためのサイトはこちら
【外部リンク:消費者を馬鹿にし続けるモバイル業界に一言いってやりたい】

発起人氏が何を問題として提議し、UQへ何を要望しているのかについては、発起人氏のブログをご覧ください。とてもわかりやすく、また「本当にその通りだなぁ」と感じさせられるものです。
発起人氏がUQへの要望を提示してその回答期日が7/15だったらしい、そしてその前日の7/14に冒頭の『「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について』をホームページに掲載してきた、という経緯です。発起人氏いわく、この7/14のお知らせにはなんら具体的回答がないため7/27を期限に最終回答を求めているそうです。

発起人氏の活動以外でも、ちょっと前のワイモバイルの規制運用開始にあたり無償での解約を勝ち取った!と話題になった都議会議員「おときた」さんがWiMAX2+の件で乗り出してきたことも大きな要因かもしれません。
【外部リンク:東京都議会議員 北区出身『音喜多駿(おときたしゅん)』 “北区のおときた”です!】

ま、経緯としてはこんな感じ?

発起人氏の問題提議

発起人氏のブログと署名活動サイトはぜひ読んでほしいのですが、発起人氏の問題定義はモバイル業界全体に対してであり以下の通り。

政治的な話ではなく単純に「嘘をつかないで欲しい」という本当にたったそれだけのことなのです。企業側も勘違いしていたとか実際に運用したら問題が起こったということならしょうがないでしょう。でも今回の件は「騙すつもりでなければ出来ない宣伝」なのです。こうしてユーザーが怒っている今ですら「動画もサクサク!」なんて宣伝PVを平気で公開しています。この企業はどれだけユーザーを馬鹿にしているのでしょうか。

ユーザーをいわゆる「誇大広告」で釣るだけ釣っておいて契約書段階で「小さな但し書き」で自身の身を守るような広告の仕方、商売の仕方を辞めてほしい、ということだと私は解釈しています。

思えば、昔、Yahoo!BBが駅前で無料でADSLモデムを配り始めたくらいから「誇大広告」「小さな但し書き」が横行してきたように思います。そして今ではスマホを契約するときには「どこかに罠があるんじゃないか?」「いや罠があるはずだ!どこだ?」と疑心暗鬼しながら契約書にサインするのが一般的になってきたように感じます。そういう個人が企業を疑ってかかる(逆に言えば企業が個人を欺く)モバイル業界・通信業界を変えていきたい、という意図の記事だと感じます。

WiMAX2+の状況は変わるのか?

UQではありませんがWiMAX関連のブログを漁っていたらこんなブログを発見!
【外部リンク:私は何を知っているか?】

管理人さんがGMOとくとくBBでWiMAXを契約された経験を書いた記事ですが、コメント欄がもう「GMOとくとくBB被害者のサイト」みたいになっています(笑)。コメント欄も含めて、これ本当だとしたらGMOもすごい会社ですよね。私も4年間WiMAX(無印)を使っていました。UQとniftyで契約していたものを退職後に使わなくなったので解約しましたが、サポートサービスも含めて全く問題なく契約や端末トラブル対応そして解約までできたので、こちらのブログ、ちょっと信じられない内容です。やはり新興のIT関連企業って怪しい企業ばかりなのかしら???

GMOはさておき、新興企業とは言い難い日本を代表する通信事業者KDDIがこれほどのユーザー活動を無視して現行の「3日3GB制限・700Kbps~1Mbps」を継続するとも思えません。ちなみに掲示板やブログなどによると7/14以降のWiMAX2+の速度規制は制限時で5Mbps以上出ているようです。これ、十分じゃないですか?5Mbpsあれば速いとはいいませんが、パソコン使っていてもそれなりの速度ではあるしYouTubeも高画質で見れる速度ですよね?やればできるんですよ、UQも!そして大事なのはネットの反応。私が読み漁る限り、概ねこの規制運用には納得しているように感じます。つまり「220Mbpsはでなくても、5Mbps使い放題と考えるとWiMAX2+はこれでいいかも!」的な意見も多くみられるということです。私もそう思います。

UQが速度規制運用を見直した経緯や7/14の規制運用見直し後のネットの反応などを見ていると、UQとしては無難なところで現状程度(規制時に5Mbps程度?)の運用で安定するのではないか?と思います。そして短絡的な想像ですが、やはりWiMAX2+は一定のユーザーをきっちりと抑えて他の格安SIMにはないサービス商品となるのではないかと思います。だって4,000円ほどで規制時でも5Mbpsでマジ使い放題、であれば通信量の多いユーザーや自宅利用目的のユーザーは飛びついちゃいますよね。

UQや業界全体は変わるのか?

ですが、発起人氏の問題提議は「誇大広告」。「ユーザーを欺くような広告・営業をやめてほしい、ウソをつかないでほしい」という問題は本当に改善・撲滅してほしいです。「3日で3GB超えた場合は規制する場合がある」のような、規制するのかしないのか、よくわからない契約書での表現もやめてほしいですよね。「規制する場合がある」のであればきちんと「規制する場合」の条件を書いてもらわないと我々消費者は「なにをされても文句が言えない」状態になっちゃいます。企業同士の契約ではSLAが厳しく求められます。小さな文字での曖昧な契約書での文言で煙に巻くのはやめてきちんとSLAとして提示すべきです。

だから、発起人氏の活動はWiMAXの規制運用時の速度だけの問題にとどまらず、今の悪しきモバイル業界・通信業界の契約形態を変えてほしいと切に願います。

>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP