NifMoの「かけ放題」に期待すること

こんにちは、コトノハです。
発表から時間がたちすぎてすっかり忘れていた「NifMoのかけ放題サービス」ですが、思うところもあって最近かなり期待しています。まぁ期待は裏切られるためにあるわけですが、期待することをまとめてみました。

NifMoのかけ放題の概要

そもそも「何のはなし?」という人に向けてちょっと説明です。私がこのブログを始めたのは今年2月なんですが、ちょうどそのころに@niftyの格安SIM”NifMo”から「6月には通話定額サービスを開始する」とのアナウンスがありました。MVNO業界ってもともとはデータ通信中心に広まってきていつしか音声通話もできるようになったわけですが、さすがにドコモ主導で始まった「かけ放題」までは取り込めずに「かけ放題が必要ならMVNOへは移れない」のが一般的な検討の境界線だったわけです。ここにMVNOであるNifMoが「通話定額(かけ放題)」を始める、ということになるわけで、そうなるともう断然MVNOへ加速しちゃうわけです。残念ながらこの「6月からかけ放題」の予定は「秋以降」へと延期になっていて、未だに詳細は不明なのですが、わかっている範囲では以下の感じです。

  • かけ放題料金は既存の半分(つまり1350円ってことかな?)
  • IP電話の仕組みを使う
  • 050番号となるのか090/080番号が使えるのかは検討中とのこと(本当は決まってるんでしょうが・・・)

こんな感じのなんとも微妙かつ思わせぶりな仕様が現在わかっている範囲です。

NifMoのかけ放題に期待すること

まず、「IP電話の仕組みを使う」というところでちょっとがっかりです。やはりきちんとした音声通話、しかもVoLTEなんかも使えたら一生NifMoでいいや!って感じだったんですが、「無料のIP電話」となるとかなり魅力半減。そもそも「かけ放題」ってキャリア間の接続料で成り立っているユーザーボリュームのビジネスなので弱小であるMVNOには無理だとは思いますけどね。それに番号が”050″なのか”090/080″なのかもかなり気になります。最近では企業の代表電話番号にも”050″が使われているくらいに認知されてきているので、別に私も”050″ははずかしいだとか、そういうのじゃなくて、「自分の番号じゃない」というのが気になるんです。”080/090″はMNPできるので自分の番号として一生使い続けることができるじゃないですか、でも”050″番号ってアプリ使うのやめたらもうその番号って使えないですよね。これは利便性に関して時代逆行です。なので”050″番号はいやなんです。ですからNifMoのかけ放題に期待することは・・・

  1. 080/090番号のナンバーポータビリティ(MNP)に対応することを期待
  2. ブラステル並みの安定性を期待(特に着信)
  3. Viber並みの通話品質を期待

080/090番号からのMNP

自分が今使っている090番号をMNPしてNifMoのかけ放題の番号で使う、こんなことってできるのかしら?とは思います。多分できないとは思いますけど。とにかくこだわりとしては先に書いたように「自分の番号として使い続けられるのか?」なので、NifMoでなければ使えない番号であれば今回見送りとなるし、逆にNifMoをやめても自分の電話番号として使い続けられるのであればNifOかけ放題サービスに飛びついちゃうと思います。多分、無理でしょうねぇ・・・。

ブラステル並みの安定性

人それぞれだとは思いますが、私は数あるスマホ用050IP電話サービスの中でブラステルの050IP電話がずば抜けて一番だと思っています。通話品質も申し分ないしなにより当たり前ですがきちんと着信してくれます。電話がかかってきてもプッシュ通知で着信しないサービスが多いんですよね、050IP電話って。スマホ用050IP電話は通話品質が良いとか悪いとか、それはアプリも含めてサービスで全然違ってきます。とにかく私はこのブラステルの050IP電話だけは認めます!ちゃんと電波が届いていればちゃんと通話できるしちゃんと着信します。この「ちゃんと」できない050IP電話アプリが多いんですよね、なのでNifMoのかけ放題サービスも「IP電話の仕組みを利用」と聞いた時にはかなりがっかりだったのですが、ブラステル並みにちゃんと着信してちゃんと通話できるのであれば選択肢には入ります。余談ですが、私は会社員時代にたまに海外出張していました。直近では短期で中国出張が多かったですね。この場合、050IP電話って便利なんですよね。海外でも国内同様に通話できるし料金変わらないし。

Viber並みの通話品質を期待

Viberって050IP電話じゃなくてLINEの競合アプリなんですが、もう長らく「国内固定電話宛て通話料無料キャンペーン」ってのをずっとやってて昔(会社員時代)はとても便利に使ってました。これも意見は人それぞれでしょうが、私の環境では「とにかく通話品質が良い!」のです。特にauにMNPしてからはauの通話中のプチプチ音が気になって、むしろViberの方が通話しやすかったくらいです。これも先のブラステル同様、NifMoにはViberくらいの通話品質は期待したいところです。

NifMoかけ放題への期待の背景

ここからは私の個人的な事情・状況のお話しになります、ごめんなさい。
私は昨年末に結婚退職をして福岡から大阪へ引っ越してきました。慣れない土地で専業主婦をやりながら「やはり仕事をしたい!」と思い、就職活動を始めたんです。就職活動はいろいろやりましたが、前職時代にお世話になった方からのお誘いもあり、現在「個人事業主」の立場で仕事を始めました。詳しい内容はここでは書きませんが(本当はどこかでまとめて書きたい!)前職とほぼ同じ仕事をやることになりました。仕事を始めるにあたり、再就職のお話しも頂いたのですが、主婦としてそしていつかはなるであろう母としての状況・立場を考えて個人事業として働くことにしました。決断するまでにたくさんの悩みをありましたが、決断してしまうと面白いもので開業届をワクワクしながら書いたものです。
で、ここから本題。プライベートの電話(今はau)と仕事の電話は分けたいんですよね。でもスマホ2台持ち歩くのも面倒なので、IP電話であればそれも選択肢です。1台でスマホ本体はプライベート、アプリのIP電話は仕事用、という使い分けですね。なのでIP電話で安定して安く使えるサービスがあればぜひ仕事用電話として使いたいし長く仕事を続けるつもりでもあります。こんなことから、NifMoのかけ放題がIP電話だったとしてもそれ自体はオッケー、問題はきちんと着信・通話ができるのか?です。先に書いたようにブラステル並みの安定性があってそれで1,350円かけ放題であれば大歓迎!実際、現時点では私の個人事業名刺はブラステルの050番号を記載していますし、仕事の電話でも問題なくきちんと着信・通話できています。欲を言えば今よりも安く、そして電話番号が自分のものになること、これを期待します。ブラステルは月額基本料は無料で通話料は5.5円/30秒なんですが、1,350円ほどで通話料を気にしなくていいのであればぜひそのサービスを使いたい。またブラステルのサービスをやめると今の電話番号は使えなくなるので長く使える自分の電話番号が欲しい。この2点をNifMoのかけ放題が解決してほしいと思っているわけなんですね。

まぁでも多分「1,350円でかけ放題のIP電話、番号は050、アプリの出来は使ってみてね」ってことなんでしょうね・・・。そう考えるとあまり魅力はありませんので、ここはひとつ一発大逆転を期待してNifMoかけ放題のサービスリリースを待ちたい、と思います。

がんばれニフティ!

2015/10/30追記 NifMoでんわついに発表!

>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP