物欲に負けてauのiPhone7(ブラック)に機種変更してしまった・・・orz

こんにちは、コトノハです。

久しぶり(ほんとぅに久しぶり)の更新になります。この長きにわたる放置状態の間になにをやっていたか、というと・・・

まず、念願だったお仕事を始めてみました。「就職」ではなく個人事業なので「起業」になるのかな?いや、個人事業なので「開業」っていうのかな?とにかく、前職のツテをたどって細々と自宅開業してしまいました。

これについては、またまとめてご報告したいと思います。

そして、相変わらずの物欲にまみれていました。

なんと、あれほど「次はmineoの格安SIMにするぞ!」と思っていたにもかかわらずauのままiPhone7に機種変更してしまいました・・・orz

本日久しぶりのブログ更新は、2年縛りを終えた(終えようとしている)auのiPhone6利用者で、格安SIMへ乗り換えようと考えている方向けに、「私の愚痴を聞いてほしい」という内容になります。

いきなり結論(問題点)

仕事をしていたときに上司から「推理小説読んでんじゃないんだから、先に結論を言え!結論を!」と言われたことがあります。

なので、結局mineo(Aプラン)に乗り換えなかった理由をまず述べます。

私のiPhone6じゃmineo(Aプラン)のVoLTEが使えない

私はiPhone6にmineo(Aプラン)のデータ通信SIMを刺して遊んでいました。もちろん、主契約の回線はau契約なのですが、雑誌のおまけで初期費用無料&6か月無料の格安でmineo(Aタイプ)データ通信SIMを手に入れたので使い続けています。

ネットではいろいろ言われていますが私の環境(iPhone6 & mineo)では通信速度も不満がなく、このままだとauとの2年契約が終わる段階で(つまり今)mineoに完全に乗り換えることを検討していました。

※auの2年縛りが終わったらiPhone6のままmineoへの乗り換えに想いを馳せていたころの記事


ところが、以前からの懸案事項だった「私のiPhone6でmineoのVoLTEが使えるの?」の疑問についての答えが「No!」であることがわかりました。

  • au系格安SIMではVoLTEが使えるSIMは「au VoLTE SIM」という特別なSIM
  • なんと、「au VoLTE SIM」はauで買ったスマホでは認識しない!
  • SIMロックを解除すれば「au VoLTE SIM」を使えるけど私のiPhone6はSIMロック解除できない

という流れで私のau版iPhone6では格安SIMに乗り換えてもVoLTEが使えないことがわかりました。

よって、やけになってau契約のままiPhone7に機種変更してしまった、という流れです。

au版iPhone6で格安SIMへ乗り換えるには

iPhone6/6Plusは2014年9月に発売されました。私もそうですが、発売直後に購入された方はそろそろ2年縛りが終わるころです。そして、これを期に格安SIMへ乗り換えよう!と考えている方もいるでしょう。私がまさにそうでした。

今(2016年10月)、まさにiPhone6/6Plusの利用者が乗換を検討しているでしょうし、さらにあと1年たつと今度はiPhone6S/6S Plusの利用者が2年縛りが終わります。

今、auのiPhone6を使っている方はiOSをきちんとアップデートしていればVoLTEが使えているはずです。ですが、結論から言うと、auのiPhone6のまま格安SIMに乗り換えた場合はVoLTEが使えなくなります。

mineoでは「au VoLTE SIM」としてVoLTE対応のSIMがありますが、このSIMはスマホのSIMロックを解除しないと利用できないのです。SIMロックが解除できるスマホは2015年5月以降に発売されたものとなります。iPhoneだとiPhoe6S/iPhoneSEですね。

よって、SIMロックが解除できないiPhone6では「au VoLTE SIM」は利用できないため、通常の(VoLTE対応ではない)SIMを使うことになります。

また、au系の格安SIMを提供しているもうひとつのMVNOであるIIJはVoLTE対応のSIMのみを提供しています。VoLTE対応でない(iPhone6で使える)通常のSIMは取り扱っていません。

つまり、au版iPhone6の利用者が乗り換えられる格安SIMはmineoのAプラン(auプラン)の通常SIM(「au VoLTE SIM」ではないもの)となります。

au VoLTE SIMが使えるiPhoneは?

では、au版のiPhoneでau系格安SIMのVoLTEが使えるのはどれ?ということになると、「SIMロックが解除できるiPhone」となり、つまりiPhone6S/6S Plus以降のiPhoneとなります。これより前に発売されたiPhoneはSIMロック解除ができないため、VoLTEのSIMを使えません。

私のiPhone6はSIMロックが解除できませんが、iPhone6S/iPhone7だと買ってから半年たつとSIMロック解除ができるので、SIMロック解除のうえVoLTEのSIMが使えるようになります。

ただし、SIMロックを解除した時点でauにこだわる必要がなくなる(ドコモ系格安SIMも使える)わけですが(笑)

せっかくなので、auのiPhoneを使っている方が乗り換えられる格安SIMをまとめます。

利用できる格安SIM 注意事項
iPhone6S/6S Plus VoLTE対応SIM
または通常のSIM
VoLTE対応SIMの場合はSIMロック解除が必要
iPhoneSE VoLTE対応SIM
または通常のSIM
VoLTE対応SIMの場合はSIMロック解除が必要
iPhone6/6Plus 通常のSIM
(mineoのAプラン)
iPhone5S/5C 通常のSIM
(mineoのAプラン)
iPhone5 通常のSIM
(mineoのAプラン)
ただし、”au 4G LTE”の主力周波数BAND18に対応していないため非現実的
(すぐに3G通信になる→格安SIMで3G通信はできない)
iPhone4S ありません 3Gによる通信・通話なので
  • mineoは通常の(VoLTE非対応の)SIMとVoLTE対応SIMを取り扱っている。
  • IIJはVoLTE対応SIMのみを取り扱っている。

VoLTEが使えないと困るのか?

なぜVoLTEにこだわるのか

私のau契約のiPhone6は買った当初はVoLTEが使えませんでしたが、iOSが8.3にアップデートされた時点でauのVoLTEに対応しました。使ってみると超快適でした。

  • 音声通話がきれい
  • データ通信と音声通話が同時にできる

まず、音声通話がとてもきれい。

同じau契約のiPhoneを使っている友達とVoLTE通話してみましたが、ため息まで聞こえそうなきれいな音声でした。現時点では「auのVoLTE対応端末同士で高音質通話可能」となっていますが、固定電話との通話も高音質通話ができているように感じます。

データ通信と音声通話が同時にできる。

これはたとえばポケモンGOをやりながら電話をする、とかGoogleマップで場所を確認しながら電話をする、という状況でしょうか???
電話を使うと通信が3G(VoLTEじゃない)に切り替わりますが、auのネットワークは3Gでの音声通話とデータ通信の同時実行ができません。ドコモやソフトバンクはできます。これ、auの3G回線の弱点です。そもそも、au系格安SIMではデータ通信に3G通信を提供していません(使えません)。

この弱点がVoLTEにより解決されます。音声通話もデータ通信も4G(LTE)のまま行われるため、音声通話とデータ通信が同時に実行できます。VoLTE対応により、やっと、auもドコモやソフトバンクに追いついた、という感じです。

ま、私の場合あまり「ポケモンGOやりながら電話する」とかやらないからあまり関係ないんですが、「他社でできることができない!」というのは横並びの料金を払っている立場としては「他社と同じことができないなら他社より安くしろ!」と言いたくなるわけです(せこっ)。

なぜau系格安SIMのVoLTEはSIMロック解除が必要なのか?

ドコモ系格安SIMはすべてのドコモのスマホで使うことができます。スマホがVoLTE対応であればVoLTEによる通話もできます。SIMロックをわざわざ解除する必要はありません。

なぜau系格安SIMはVoLTE対応SIM(au VoLTE SIM)だけSIMフリースマホでなければ使えないのでしょうか?

ドコモでは、ドコモ系格安SIMとドコモ直契約のSIMでは違いがありません。ドコモのスマホにとっては同じ「ドコモのSIM」とみなされます、つまりSIMロック解除は不要です。

auのスマホであっても、auの格安SIMは3Gによるデータ通信ができません。auのVoLTE対応格安SIM(au VoLTE SIM)では3Gによる音声通話ができません。au系格安SIMのVoLTE対応SIMはSIMロックを解除しなければ使えません。つまり、auのスマホからは「auのSIMではない」とみなされるわけです。

ここからは完全妄想(妄想、好きです)。

先の「auの3G回線は音声通話とデータ通信の同時実行ができない」にも関連すると思いますが、auはできるだけ早く3Gを切り捨てたいのだろう、と。

au本来のSIMはVoLTEが使える状態であればVoLTE通話となり、VoLTEが使えない環境であれば3Gによる通話に切り替わります。でも、auは3Gを早く切り捨てたくてまずはMVNOへ提供するVoLTE対応SIMはau契約のVoLTE対応SIMとは違う構造(?)になっているのかな?と妄想しています。

だからauのスマホから見ると「auのSIMではない」とみられてしまう、SIMロック解除が必要、と(完全妄想)。

まとめ

SIMロック解除したらau系格安SIMにこだわる必要はない

SIMロックを解除したauスマホはVoLTE対応のSIMが使えます。きれいな音声で通話できて気持ち良いです。ポケモンGOやりながら通話ができて楽しいです(私はやらないけど)。au系格安SIMに乗り換えることでそれまで使っていたauのスマホがそのまま使えるし、格安SIMでスマホ代もお安くなるのでとってもお得です。

でもねぇ、SIMロックを解除した時点でauにこだわる必要がなくなっちゃうわけで、こりゃ、ドコモ系へ流れていきますよね。

もちろん、au系格安SIMを提供しているIIJは技術力高くて安心だし通信品質(速度など)も高いレベルで安定しているし、mineoもパケットギフトだのフリータンクだの楽しい独自の機能を持っているので超おすすめの2社です。でもこの2社においてもドコモ系SIMを提供しているわけです。SIMロックを解除したauスマホであえてau系格安SIMにこだわることもないわけです。

最近では大手キャリアが大好きな「契約者純増」などの数にMVNOの契約者も含まれているそうです。つまり、昔、純増数で負け組と言われたドコモがこれからは巻き返していくのかな?と思います。

au、もっと頑張れ!

※追伸:長くなったのでこの辺でやめますが、この件の愚痴とかiPhone7についての話しはまだまだ続きます(-“-)

>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP