楽天モバイルのコミコミプラン、無料通話コミ、スマホコミ、お得度は?

こんにちは、コトノハです。

先日、UQモバイルの「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」は良いかも!という記事を書きました。

油断していましたが、楽天モバイルも「コミコミプランS/M/L」というプランがあります。

無料通話もスマホもすべてコミのプランです。

が、もともと楽天モバイルは楽天でんわやスマホ格安販売などの他社より頭一つ抜けたお得な会社なので、はたしてこのコミコミプランのお得度はどうなんだろう?というお話しです。

楽天モバイル「コミコミプラン」概要

「コミコミプラン」概要

まず、コミコミプランのスペックです。コミコミプランにはS/M/Lの3タイプがありますが、SとMは同じスペックですね。選べるスマホが違うだけの様です。

コミコミプラン
S M L
基本料金 1年目 1,880円 2,480円 2,980円
2年目 2,980円 3,480円 3,980円
3年目以降 2,446円 2,230円 2,613円
無料通話 1回5分までの通話が無料、超過分の通話料は10円/30秒
月間データ量 2GB 2GB 4GB
通信速度 月間データ量範囲内 下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
月間データ量超過後
節約モード時
200Kbps
スマホ Asus ZenFone GO
Asus ZenFone2 Laser
ZTE BLADE E01
SHARP AQUOS SH-RM02
HUAWEI P9 lite
Fujitsu arrows M3
ASUS ZenFone3
契約期間 最低利用期間24か月(解約違約金12,000円)

無料通話もスマホもコミコミ

楽天モバイル「コミコミプラン」は基本料金に楽天でんわの「5分かけ放題オプション(850円/月)」が含まれ、さらにスマホ代金まで含まれたプランです。

スマホは楽天モバイルでセット販売中(しかも現在キャンペーン中)のもので、通常のプランでのセット購入も可能なスマホになっています。

「プランS」と「プランM」は無料通話や月間データ量に違いはないことから、単純にスマホ代金の差が基本料金の差になっています。

基本料金は変額制

楽天モバイル「コミコミプラン」は1年目・2年目・3年目以降のそれぞれで基本料金が変額します。考え方としてはスマホ代金の分割払いが終わる3年目以降は安くなるプランです。

無料通話

無料通話は楽天モバイルの本来のオプションサービスである「楽天でんわ5分かけ放題オプション(月額850円)」を基本料金に組み込むことで実現されています。

他社との強みとしては、無料通話分の5分間を超えた分の通話料が、10円/30秒と格安であることです。多くの場合、通話料は20円/30秒なので、この格安通話料金は「楽天でんわ」の強みですね。

データ通信

「コミコミプランS/M」は月間のデータ通信容量が2GB、「コミコミプランL」は4GBです。

この容量までは下り最大262.5Mbpsの高速通信ができますが、超過後には200Kbpsに減速されます。

減速制限された通信速度を元に戻すにはデータ通信容量の追加購入(チャージ)が可能です。

月間のデータ通信容量の2GB/4GBは通常プランには無いプランで、差別化。

契約期間

契約については、加入月を含んで24か月間が「最低利用期間」と定められています。最低利用期間内にプランの解約・変更、または楽天でんわかけ放題オプション解約を行った場合は違約金12,000円がかかります。

通常プランは最低利用期間12か月の違約金9,500円なので、これはちょっと厳しい。

新規加入のみ

「コミコミプラン」は楽天モバイルへの新規加入者を対象とした料金プランです。現在の楽天モバイルとの契約プランを「コミコミプラン」へプラン変更することはできません。

また、新規加入にはMNP転入も含まれます。ドコモ・au・ソフトバンクなどを含みすべてのMNP転入も対象となります。

コミコミプランを自分で組み立ててみる

コミコミプランは楽天モバイルの「楽天でんわ5分かけ放題オプション」と、通常プランでもセット購入可能なスマホ(現在キャンペーン中)を組み合わせたプランです。

では、通常プランの組み合わせでコミコミプランを作ってみます。

コミコミプランS/L VS 通常プラン3.1GB/5GB

スマホはZenFone2 Laser(S)とZenFone3(L)を選びます。

コミコミプラン 通常プラン
S L 3.1GB 5GB
基本料金 1年目 1,880円 2,980円 1,600円 2,150円
2年目 2,980円 3,980円
3年目以降 2,446円 2,613円
2年間平均 2,430円 3,480円
5分かけ放題オプション -(基本料金に含む) 850円
スマホ代金(2年分割) -(基本料金に含む) 342円 1,476円
月額料金 2年平均 2,430円 3,480円 2,792円 4,476円
3年目以降 2,446円 2,613円 2,450円 3,000円
無料通話 1回5分までの通話が無料、超過分の通話料は10円/30秒
月間データ量 2GB 4GB 3.1GB 5GB
通信速度 月間データ量範囲内 下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
月間データ量超過後
節約モード時
200Kbps
スマホ ZenFone2 Laser ZenFone3 ZenFone2 Laser ZenFone3
契約期間 最低利用期間24か月(解約違約金12,000円) 最低利用期間12か月(解約違約金9,800円)

2年間支払額(平均)のお得感

まず、どちらもスマホが24回払いなので、2年間の平均支払額を見てみます。

「コミコミS + ZenFone2 Laser」は2年平均2,430円、「通常3.1GB + ZenFone2 Laser」は2年平均2,792円です。

この比較は月間データ容量が2GBと3.1GBの違いがあり、1.1GBの追加容量パックは3,300円(300円/100MB)となるため、標準価格での単純計算では「通常3.1GB + ZenFone2 Laser」が断然お得、となります。

逆に「コミコミL + ZenFone3」は2年平均3,480円、「通常5GB + ZenFone3」は2年平均4,476円。

こちらも月間データ容量の違いだけ見ると、1GBで3,000円なので「通常5GB + ZenFone3」の方が断然お得、となります。

楽天モバイルでの追加容量パックは割と高額なので、追加容量パック前提での料金比較にはあまり意味がないと思いますが、「コミコミプランはそれほどお得に感じない」とは言えます。

これは「楽天モバイルはお得ではない」ということではありません。「コミコミプラン」に拘らなくても、通常プランとキャンペーン中のスマホセットで自由に(ご自分の利用データ容量に合った)プランを組み立ててもお得度は変わりませんよ、という意見です。

大手キャリアと比べると

しかし、大手キャリアと比べるとやはり楽天モバイル(というか格安SIM)は安いですねぇ。

「コミコミL」だと4GBと5分かけ放題にZenFone3がついて月額3,480円、通常プラン5GBとZenFone3の組み合わせなら4,476円です。

これは大手キャリアだと普通に8,000円のプランです。

UQモバイル「おしゃべりプラン」と比較

「コミコミプラン」と同様に、無料通話をセットにしてさらにセット販売のスマホも低価格で提供しているUQモバイルの新プラン「おしゃべりプラン」があります。この両者を比較してみます。

おしゃべりプラン概要

UQモバイル「おしゃべりプラン」の内容については別記事にて確認してください。

料金プラン比較

まず両者の料金プランを並べてみます。

プランに組み込むスマホは前回同様、ZenFone2 LaserとZenFone3です。

UQモバイルではZenFone2 Laserを分割払いで月額0円、ZenFone3を分割払いで月額1,000円で販売しています。

コミコミプラン おしゃべりプラン
S L S M
基本料金 1年目 1,880円 2,980円 1,980円 2,980円
2年目 2,980円 3,980円 2,980円 3,980円
3年目以降 2,446円 2,613円 2,980円 3,980円
2年間平均 2,430円 3,480円 2,480円 3,480円
5分かけ放題オプション -(基本料金に含む)
スマホ代金(2年分割) -(基本料金に含む) 0円 1,000円
月額料金 2年平均 2,430円 3,480円 2,480円 4,480円
3年目以降 2,446円 2,613円 2,980円 3,980円
無料通話 1回5分までの通話が無料
超過分の通話料は10円/30秒
1回5分までの通話が無料
超過分の通話料は20円/30秒
月間データ量(2年間) 2GB 4GB 2GB 6GB
通信速度 月間データ量範囲内 下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps 下り最大150Mbps/上り最大25Mbps
月間データ量超過後
節約モード時
200Kbps 300Kbps
スマホ ZenFone2 Laser ZenFone3 ZenFone2 Laser ZenFone3
契約期間 最低利用期間24か月(解約違約金12,000円) 2年契約自動更新(解約違約金9,500円)

2年間支払額(平均)のお得感

まず、「コミコミプランS」と「おしゃべりプランS」の月額料金(2年間平均)はほぼ同額、スマホも同じZenFone2 Laserです。

甲乙つけがたい・・・(笑)

また「コミコミプランL」と「おしゃべりプランM」の月額料金(2年平均)は約1,000円ほど「おしゃべりプランL」が高いですが、月間データ容量が2GBも多く使えるため、これは「おしゃべりプランL」がお得と言えます。

料金以外の要素を考えると、まずネットワーク品質は断然UQモバイルの方が良いでしょう。混雑時の速度低下など無縁です。

一方で、無料通話については楽天モバイルの勝ち、5分超過後の通話料が半額の10円/30秒と格安です。

ん~、楽天モバイルもUQモバイルも甲乙つけがたいですね。

UQモバイルはつい先日、新料金プラン向けにスマホ代金を大幅改定(値下げ)して劇的に安くなったのですが、さすが安さの楽天、負けていません。

まとめ

楽天モバイル「コミコミプラン」は買いか?

楽天モバイル「コミコミプラン」は買いではありません。

これは、「楽天モバイルはお得ではない」というのではなく、「コミコミプラン」でなくても通常のプランと楽天でんわオプション、そしてキャンペーンの格安スマホを自由に組み合わせてもお得度は変わりませんよ、ということです。

現在、格安SIMの料金は横ばい・横並びの状況、おそらく各社ほぼ限界まで安くなっているのかな?と思います。

そして、現時点では楽天モバイルとUQモバイルのお得感は「スマホが安い」というところからきています。つまり、通信サービス料金は各社ほぼ限界で横並び、スマホの調達力は楽天モバイルとUQモバイルが頭一つ抜けている、といえるでしょう。

楽天、ここはがんばれっ!

通信・通話料がお得、スマホは超お得な楽天モバイルの欠点はパケットチャージ(通信データ追加購入)が高いこと、これは高い。

MVNO データチャージ料金 有効期限
楽天モバイル 100MB / 300円 購入翌月から3か月間
UQモバイル 100MB / 200円 購入日より90日間
500MB / 500円
mineo 100MB / 150円 購入翌月末

そしてもうひとつ、楽天モバイルではアプリによる「高速通信のON/OFF」も意味がありません。

高速通信OFFであっても高速通信容量を消費する仕様であるため、高速通信ON/OFFにより高速通信容量を節約することができません。

つまり、楽天モバイルで一番気を付けないといけないのは「選択プランのデータ容量が足りなくなること」です。

コミコミプランは自分で作る!

楽天モバイルは他社MVNOよりも「プランの通信容量が自分の利用に合っている」ことが大切です。

  • 楽天モバイルは通常プランでも(キャンペーンで)スマホが安い
  • コミコミプランはプラン変更ができない
  • 容量追加パックは比較的高額
  • 高速通信OFFでも高速通信容量が消費されるため、節約ができない
なので、データ容量のプラン変更ができない「コミコミプラン」は避けて、プラン変更が容易な通常プランで自分なりのコミコミプランを作った方がお得です、という私の結論です。

スマホセットは回線品質のUQモバイルか通話料金の楽天モバイル

あとは、回線速度にこだわるならUQモバイルだし、通話料金の安さを求めるなら楽天モバイルでいいのかなと考えます。

スマホも買うなら楽天モバイルかUQモバイルです。

mineoもがんばれっ!

楽天モバイルを見てみる



>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP