ソフトバンクの「光BBユニット」は不要なオプションなのか?

こんにちは、コトノハです。

検索流入のキーワードをたまに見ています。普段はまったく見ませんが、数か月ごととかになんとなく見たりしています。

ちょっと気になったのが「光BBユニット」のキーワード。「必要?」とか「いらない」などのキーワードとセットで使われているようです。

ソフトバンク光とかYahoo!BBでお馴染みのレンタルルーターですが、みなさん「本当に必要なの?」「レンタル料損してない?」とか思っているのかな?

ということで、光BBユニットに関するお話しです。


ソフトバンク光BBユニットとは

ソフトバンク系の回線サービスに加入すると必ずついてくる(本当は選択オプションだけど)「光BBユニット」、これ、一体なんなんでしょう?

機能的役割からいうと、インターネット接続のためのいわゆる「ブロードバンドルーター」というカテゴリ製品になります。

バッファローとかNECのAtermシリーズなんかが有名ですね。

ちなみに、我が家ではヤマハのNVR500というルーターを使っています。

光BBユニットでできること

さて、この光BBユニット、これがないとソフトバンク光とかYahoo!BBへ接続できないのか?というとそんなことはありません。機能的にはブロードバンドルーターですから、接続機能・認証機能があればなんでも代用できます。

もしソフトバンク光やYahoo!BBに加入時にすでに以前お使いのルーターをお持ちであれば、特に必要はありません。

ですが、光BBユニットには通常のブロードバンドルーターにはない機能があります。

Wi-Fiマルチパック

まず、「Wi-Fiマルチパック」オプション。光BBユニットを前提としたオプションです。

この「Wi-Fiマルチパック」というオプションは光BBユニットを無線LAN親機へ変身させるためのオプションです。

以前私がYahoo!BBを使っていたころの「Wi-Fiマルチパック」は、契約すると単なるLANカードが送られてきました。そしてこのLANカードを光BBユニットに挿しこむとにより、光BBユニットが無線LAN親機に変身しました。

今の光BBユニットはこの機能(無線LANカード機能)が内臓されていて、「Wi-Fiマルチパック」を契約するとこの機能が自動的にONになるようです。

でも、これはたとえばバッファローのルーターなどはWi-Fi機能付のものが多いので、大した機能ではありません。

Wi-Fi地デジパック

次に「Wi-Fi地デジオプション」。
※すでに2016/10/03にて「Wi-Fi地デジオプション」新規受付終了

これはTVのアンテナ分配器と光BBユニットを接続することで、LAN経由でパソコンやスマホからテレビが見れるようになる仕組みです。TVチューナーを内蔵している、ということでしょうか?

もちろん、「Wi-Fiマルチパック」の機能を含んでいるため、Wi-Fi経由でもパソコン・スマホでテレビが見れるようになります。

光電話ユニット(光電話対応機器)

そして、光電話。

ソフトバンク光やYahoo!BBでは「ホワイト光電話」「光電話(N)」といった電話サービスを提供しています。この中で「ホワイト光電話」をオプション契約した場合には、光BBユニットが「光電話対応機器」になります。

ソフトバンク提供の電話機能は複数あるので、ちょっと整理。

光電話オプション 機能 必須機器
光電話(N) NTT提供の光電話。「東京03」などの地域電話番号が使えます。 NTTの光電話対応機器が必要
ホワイト光電話 旧ソフトバンクテレコムが提供する光電話。こちらも「東京03」などの地域電話番号が使えます。 光BBユニットが対応機器となります
BBフォン こちらもソフトバンクが提供するIP電話。050番号が付与されます。 電話機を光BBユニットに接続します

ホワイト光電話やBBフォンは、電話線を光BBユニットに接続すれば電話が使えるので、配線がごちゃごちゃせずにすっきりしますね。

光BBユニットは必要なの?

まぁ、光BBユニットの機能はこんなところです。

では、この光BBユニットって絶対オプション契約しなきゃいけないの?というと・・・

  • 基本機能はインターネット接続のためのルーターに過ぎないため、他社製品(バッファローとか)での代用可能。
  • だけど、ホワイト光電話とかBBフォンとか使いたい方には必須の機器。

光BBユニットのちょっとすごい機能

IPV6/IPoE対応

こんな感じの光BBユニットですが、ちょっとすごい機能もあります。

それは「IPV6/IPoE認証対応ルーター」だということ。

そして、ソフトバンク光やYahoo!BBは「IPoE対応」「IPV4 over IPV6」対応のプロバイダーだということ。

なんだかよくわかりませんが、この機能を使うととてもうれしくなる人がいるわけです。

PPPoEとIPoE

だれがうれしくなれるのか?という話しの前にちょっと確認。

私たちはインターネットに接続するときにプロバイダーに認証行為を行います。この認証には「PPPoE認証」と「IPoE認証」があります。

  • 「PPPoE認証」はIPV4でもIPV6でも使える方式で、現在主流の認証方式
  • 「IPoE認証」はIPV6でしか使えない認証方式

これ、ここからの前提知識となります。

IPV6でうれしいこと

フレッツ光ネクストハイスピードタイプ回線が速くなる

まず、「フレッツ光ネクストハイスピードタイプ」が超スピードアップする(かもしれない)ということ。

フレッツ光回線には多くのタイプがありますが、その中に「フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ」「フレッツ光ネクストマンションハイスピードタイプ」があります。ファミリーは戸建用回線、マンションは集合住宅用回線です。

たぶん、NTT東日本エリアでは現在もっとも普及している回線ではないでしょうか?

この「フレッツ光ネクストハイスピードタイプ」ですが、サービス規格上の速度は「下り最大200Mbps」です。だけど、回線本来の性能としては「下り最大1Gbps」なんです。

NTTは下り最大1Gbpsの能力を持っている回線をわざわざ下り200Mbpsに制限してサービス提供しています。この速度制限の仕組みは「PPPoE認証による通信」を対象に行われています。

つまり、PPPoE認証を迂回できれば、フレッツ光ネクストハイスピードタイプは回線本来の性能である、下り1Gbpsで通信できるわけです。

そして、IPV6機能を使えばPPPoE認証を使わなくてもIPoE認証という方式で接続できる場合があります。「場合がある」というのは、プロバイダーが対応している必要がある、ということです。

自宅の回線が「フレッツ光ネクスト(ファミリー/マンション)ハイスピードタイプ」の場合、下り回線速度の超絶スピードアップができるかもしれません。

これはフレッツ光ネクストハイスピードタイプの人にはうれしい(はず!)。

フレッツ光全般の速度低下を回避できる

そしてもうひとつ。

最近、特に夜間のフレッツ光(フレッツだけじゃないけど)の速度低下にお悩みの方に朗報。

フレッツ光ネクストハイスピードタイプに限らず、現在IPV4のPPPoE認証にてフレッツ光をお使いの方は、IPV6のIPoE認証に切り替えることで(特に夜間の)フレッツ光の速度低下原因(ボトルネック)を回避して、速度向上が期待できるかも!

現在のフレッツ光回線の速度低下はNTT網とプロバイダー網の接続点にあるPPPoE認証機能に原因があるといわれています。ユーザー増加・データ量増加により、混雑しているということです。

IPV6ではPPPoE認証以外に「IPoE認証」という機能が利用できる場合があります。「場合がある」というのは、プロバイダーが対応している必要がある、ということです。

このIPV6によるIPoE認証を使うと、速度低下の原因(ボトルネック)となっているPPPoE認証地点を迂回することができるわけです。

これで速度低下が改善するのか?は様々な環境に左右されるため断言できませんが、とにかく「現在混雑している地点を迂回できる」わけです。

これは「フレッツ光回線でIPv4のPPPoE認証接続している人」には希望の星かもしれません!

光BBユニットとの関係

フレッツ光回線にとって、とても希望の星に思える「IPV6/IPoE認証」ですが、これが光BBユニットやソフトバンク光・Yahoo!BBとどういう関係があるのか?という話しです。

まず、IPV6(IPoE)を利用するには、ルーターにIPV6(および、IPoE認証)機能が必要です。光BBユニットはこの「IPV6/IPoE認証」対応ルーターです。

そしてもう一つ、ソフトバンク光・Yahoo!BBはIPoE認証対応のプロバイダーです。

つまり、ソフトバンク光・Yahoo!BBで光BBユニットを使っている場合、ひょっとするととてもうれしいかもしれないわけです。

  • IPV6/IPoEを使うとフレッツ光ネクストハイスピードタイプが下り最大1Gbpsへスピードアップ
  • IPV6/IPoEを使うとフレッツ光網のPPPoE認証地点(混雑原因)を迂回できる
  • 光BBユニットはIPV6/IPoE対応ルーター
  • ソフトバンク光・Yahoo!BBはIPV6/IPoE対応プロバイダー

こんな感じで、もしかすると幸せな環境が手に入るかもしれません。

やってみたいけど、どうやるの?

こうやります。

基本的には「NTTフレッツ光IPV6オプションを有効にする(無料)」「ルーター(光BBユニット)の設定をIPV6/IPoE認証にする」「(必要であれば)プロバイダーよりIPoE認証用IDを発行してもらう」となりますが、ソフトバンク光・Yahoo!BBの場合は申し込みにより、すべて手続きおよび設定代行してくれるようです。
※つまり、申し込めばソフトバンクが勝手にやってくれる?

まとめ

ここまでのまとめ

  • PPPoE認証を行わなければうれしくなれる(かもしれない)
  • PPPoE認証以外にIPoE認証というのがある
  • IPoE認証はIPV6の機能、PPPoE認証はIPV4/IPV6での機能
  • つまり、IPV6/IPoE認証でうれしい!(かもぉ~)

光BBユニットじゃなきゃダメなの?

こんな感じで、「光BBユニットに毎月レンタル料金払いたくない!」という方、お気持ちすごくわかります。ソフトバンクだしね。

ですが、まぁダメ元でIPV6を試してみても良いかもしれません(せっかくなので)。

では、この「うれしいかもしれない」対策は光BBユニットでしかできないの?というと、そうではありません。

これらは「IPV6の機能であるIPoE認証を使う」ことで得られる(期待できる)メリットです。なので、ルーターおよびプロバイダーがこの環境に対応していればいいわけです。

ですが、この機能があるルーターは現時点(2016/11/28)ではあまりないんですね。現在市販されているルーターで対応しているのはこんな感じです。

バッファロー WXR-1750DHP バッファロー WXR-1900DHP2

なので、光BBユニットはまぁ数少ないすぐれたIPV6対応ルーターであるとも言えるわけです。

ソフトバンク光・Yahoo!BBじゃなきゃダメなの?

では、嬉しくなれる(かもしれない)のはソフトバンク光やYahoo!BBの人だけなの?というと、こちらも「そうではありません」。

IPV6/IPoE認証機能を提供しているプロバイダーであれば、同じことが期待できるわけです。

IPV6対応を謳っているプロバイダーでも、IPoE認証機能を提供していないプロバイダーも多いので、注意が必要です。「PPPoEを利用しない」ことにより、うれしくなれるかもしれないわけなので、IPV6対応プロバイダーであってもIPoE認証を提供していないプロバイダーはPPPoE認証なので、うれしくありません。

たとえば、最近よく見かけるプロバイダーではGMOとくとくBBが「期待できるプロバイダー」に該当します。こちらはドコモ光ですね。

GMOとくとくBBでドコモ光を利用すると、同じ理屈で速度向上が期待できます。GMOとくとくBBはIPV6/IPoE認証対応(標準機能)であり、かつ上記の(数少ない)対応ルーター「WXR-1750DHP」を無料レンタルしてくれます。

GMOとくとくBBを見てみる

Yahoo!BBは技術力は高い?

IPV6もぼちぼち広がりつつあります。国策ですからね。

Yahoo!BBで光BBユニットを使ってのIPV6サービスは結構早くから提供されていたような気がします、東日本大震災のちょっと後くらいだったような・・・

ソフトバンクといえばあれこれいろいろ考えてくる(?)会社でなんか胡散臭い感じもありますが、技術力は結構しっかりしているのかもしれません。というか、旧ソフトバンクテレコム(元日本テレコム)が優秀なんでしょう。

そういえば、同じような(?)楽天でも「楽天コミュニケーションズ(旧フュージョン・コミュニケーションズ)」は通信技術では優秀な会社で、格安SIMでお馴染みの楽天でんわとかOEMのみおふぉんダイアルなどを開発したのも楽天コミュニケーションズ。

ん~、技術力では儲からない時代なのか???

光BBユニット(のレンタル料金)にご不満の方

まぁ、そういうことなので、光BBユニットの解約検討中の方は解約前にIPV6をぜひ試してほしいわけです。

また、光BBユニットのレンタル料金にご不満の方も、少しは気が収まるかもしれません(笑)。

回線契約の各種隠れオプションだの割引額の税込表示だのいろいろありますけど、まぁソフトバンクとはうまく付き合っていかなきゃですね(笑)。



>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP