新しいネットショップサービス、”ShopStar”を使ってみた

ネットオウル - ShopStar

こんにちは、コトノハです。

私は趣味でワイヤークラフトをやっています。針金でつくるアート(私の場合はガラクタ)です。
趣味で作ったクラフトを自分のネットショップで売ってみたいですよね(笑)。
商売ってほどじゃなく、もし人様がお金をだして買ってくれれば、それだけでで励みにもなりますよね。

【過去記事:ネットショップを開きたい】

ちょっとだけ売ってみたいと思った場合、個人商店的なネットショップのサービスが無料や格安でいろいろ出ています。

【過去記事:ネットショップの比較】

このたびネットオウル社から”ShopStar”という新しい無料ネットショップサービスが始まったので使ってみました。

まず、ネットオウルのサービス

ネットオウルは有料・無料のいろんなサービスを提供しています。そして、ひとつのネットオウルIDを取得することでこれらすべてのサービスを一つの管理画面で取り扱うことができるようになり、とても便利です。
ひとつのネットオウルIDで利用できるサービスの一覧は以下のとおりです。

サービス サービス名称 サービス特徴
有料レンタルサーバー minibird
Firebird
Cloverなど
月額250円~
無料レンタルサーバー Webcrow 5つまで利用可
広告表示なし、PHP/MySqlオプションあり
無料WordPressサーバー WPBlog 5つまで利用可
無料Wikiサーバー PukiWiki 5つまで利用可
ドメイン管理 スタードメイン
SSL証明書管理 SSLボックス

そして、今回こられのサービスの中に、無料で利用できるネットショップサービス”ShopStar”が加わりました。
リリース文はこちらです。

【外部リンク:ネットオウル|『ShopStar』提供開始のお知らせ】

ShopStarの特徴

“ShopStar”はネットショップに特化したホームページ作成サービスで、ネットオウルIDを登録していれば一つのIDで5つまで作成することができます。
有料プランと無料プランがありますが、無料プランでもクレジットカード決済サービスを利用することができます。
プランの比較は以下のとおりです。

無料プラン プレミアムプラン
初期費用 無料 3,000円
月額費用 無料 900円
クレカ決済手数料 5% 4%
商品件数 30点 1,000点
商品グループ数 5件 50件
商品オプション 5オプション 10オプション
1商品あたりの画像数 4枚 30枚
クーポン券数 5件 50件
クーポン券数 5件 50件
メルマガ発行 不可 5,000通/月

趣味のクラフト販売であれば商品点数は30点もあれば十分でしょう。支払方法を銀行振り込か代金引換にすれば完全無料のネットショップですね。
クレジットカード決済を導入した場合でも、決済手数料は売上の5%です。通常、クレジットカード決済には3%程度の販売店手数料は必須ですから、まぁ支払方法の充実として5%というのは他の無料ネットショップサービスと同程度です。

ShopStarを使ってみた

ShopStarを使ってみるためには、まずネットオウルIDを取得しなければいけません。

ネットオウルIDの登録

ネットオウルIDはメールアドレスだけで登録できます。
登録はこちらから。

【外部リンク:ネットオウルのID登録はこちら】

ネットオウルIDがあればレンタルサーバーやWordPressや今回紹介のShopStarが無料で使えます。
また、ドメイン管理サービスの”スタードメイン”で独自ドメインを管理していれば、これら無料のサービスを独自ドメインで運用できたりもします。
登録しておいて損はありません。

ShopStarの登録

ShopStarを登録しとりあえず動かしてみたい、というのはとても簡単にできます。

  1. 店舗情報の登録をします。ショップのテンプレートやお店の名前、管理者のメールアドレスなどです。
  2. 商品情報の登録をします。商品の説明・価格・写真などです。
  3. 支払・配送情報の登録をします。まずは銀行振り込みの振込先と送料設定くらいです。

この三つが完了すると基本的なショップの機能が動きます。ためしに自分で商品をカートに入れて購入してみたら、ちゃんと自分のメールアドレスに受注確認と振込先通知のメールが届きました。
ただし、各種メールのテンプレート見直しや特定商取引関連・プライバシーポリシー関連などの文言もひな形が提供されているものの、きちんと自分のショップ用に見直す必要はありますね。

【外部リンク:無料ではじめられるネットショップ『ShopStar』】

ShopStarのカスタマイズ

お店のデザインはテンプレートで選びます。ショップ作成後に変更することもできます。
そして、HTMLやCSSを自分でカスタマイズもすることもできます。
たとえば、ShopStarが提供するクレジットカード決済ではなく、PaypalやSPIKEが提供している決済サービスを利用したい場合なども、PaypalやSPIKEの決済サービスのHTMLをショップのHTMLに組み込むことでカード決済が使えたりします。
このあたりの自由度は高いですね。

まとめ

ShopStarは無料で簡単にネットショップを作成することができ、クレジットカード決済サービスも利用できます。
ネットオウルのドメイン管理サービスを利用することで独自ドメインも利用できます。
ネットショップの作成・運用の機能としては、開設や管理の手軽さも含めてよくできていると思います。
ただ、サービス自体がモール形式ではないので、集客の仕組みはほとんどないと言えます。

今、ブログなどで自作のクラフトを紹介し、たくさんの読者がいる方にとっては、ご自身のブログからの集客が期待できるので、手軽に簡単に始めることができる”shopStar”は向いているのではないでしょうか?
反面、がっつり商売してみたいという方にとっては、(現在のところ)売るための仕組みが弱いかな、という印象です。

>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP