au系格安SIMのmineoは不幸続き!呪われてるの(笑)??ついにはdocomoの取り扱いも開始!?

こんにちは、コトノハです。
昨日5/22(金)の日本経済新聞によると、au系格安SIMのmineoがなんとdocomoの格安SIMも取り扱うと報道されています。サービス開始当初は初のau系MVNOということもあり、当時としては最安のプランや複数SIMでのパケット分け合いサービスなどでかなり話題になりました。でも、最近は暗い話ししか聞きませんね。iOS8系の話題はmineoにとってかなりの痛手だったのでしょう。実はmineoにはiOS8系の暗い話題以外にもかなりの暗い話題があります。今日はその暗い話題を集めてみました。私も暗いですよね(笑)。

2015/07/14追記
mineoやUQ-mobileでiOS8系を使うためのiPhone/iPad用プロファイルがテスト公開されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【過去記事:mineoやUQ-mobileでもiOS8系が使える?!IIJの技術力に拍手です!】

日本経済新聞による報道

まずはmineoがdocomoを取り扱う、という記事より。
【日本経済新聞:格安スマホをドコモ回線でも 関電系、KDDIと選択可能に】

関西電力子会社で通信事業を手掛けるケイ・オプティコム(大阪市)は格安スマートフォン(スマホ)事業を強化する。現在のKDDI(au)に加え、9月にもNTTドコモの回線も借りてサービスを実施する方針だ。国内で初めて通信大手2社の回線を使う格安スマホ事業者となる。主力の光回線サービスは需要が頭打ちになっており、格安スマホの契約者の拡大を急ぐ。

mineoが現在のau系と並行する形で9月からdocomoのSIMを販売開始するということです。mineoを運営するケイオプティコムは関西電力系子会社です。関西電力とKDDIは資本関係はないものの長い間の協力関係にあります。ケイオプティコムがmineoでau系格安SIMを取り扱うのは、また「取り扱えるようになったのは」当然のことです。そもそも、KDDI(au)はdocomoよりネットワーク接続料金の設定が高く、MVNOの立場から見るとdocomoを選んだ方がコスト的には有利なのはサービス開始当初から言われていたことですが、あえてmineo(ケイオプティコム)はKDDI(au)を選びました。それが「docomoも並行で取り扱う」ということだからよほどの経営判断なんじゃないでしょうか?

mineoの苦境

mineoがサービスを開始した当時は、初めてのau系格安SIMであることと同時に、当時としては最安値でもあり、当時docomo系では不可能(困難??)だったテザリングができることや複数SIMでのパケット分け合いができること、などが話題となりました。私もちょうどデータ通信専用の格安SIMを探していた時期でもあり、IIJとmineoで随分と迷ったことがあります。
スタートアップこそ脚光を浴びた印象があるのですが、すっかりiPhone(Appleに?)にやられてしまった感があります。

iPhone(iOS8系)で使えない!!

正確には「iOS8以降では使えない」ですが、とにかく日本ではこれ、致命的ですね。iPhone6(Plus)で使えないことはiPhone6発売以前にわかっていたことらしく、事前にアナウンスされていました。かわいそうなのはau版のiPhone5S/5Cを使っていた人達です。iOS8へアップデートした途端、使えなくなりました。iPhone5s/5cの利用を目的にmineoを使っていた人達はがっかりですよね。mineoの対応は「原因不明・解約は違約金発生」との通常の措置で、ネットではちょっとした盛り上がりとなりました。以降、iOS8系ではmineoは現在も使えません。

2015/07/14追記
mineoやUQ-mobileでiOS8系を使うためのiPhone/iPad用プロファイルがテスト公開されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【参考記事:mineoやUQ-mobileでもiOS8系が使える?!IIJの技術力に拍手です!】
【参考記事:au版iPhone6(iOS8.4)でmineoを使ってみた!】

モンスタースマホ”ZenFone2″をはじめ、人気のスマホほぼ全滅

人気のモンスタースマホ”ZenFone2″ですが、mineoで使えるか?というと使えるんですが、使っちゃったら犯罪者になってしまうので良い子はZenFone2をauやmineoで使っちゃいけません、ということになっています。技適の問題ですね。
国内ではdocomo/au/softbankはLTEバンド1の周波数2,100MHzのLTEを提供しています。ほとんどのSIMフリースマホはこのバンド1に対応しています。よって、音声通話は問題ありですが、データ通信に関して言えば、新型のSIMフリースマホはauやmineoでも使えるんです(規格的には)。でもここでもauの不幸があります(笑)。バンド1の周波数帯はさらに三分割されて下(周波数の小さい方)からau/docomo/softbankと割り当てられています。つまり、バンド1対応の3キャリアでauが一番下の周波数を使っています。そして、バンド1の下(つまりau割り当て周波数の下)にはPHSの周波数帯があります。なので、3大キャリアの中でauだけはバンド1の技適を通過しただけでは合法にならず、「バンド1に隣接するPHS周波数帯に干渉をおこさない」という「PHS保護」の技適も通過しなければなりません。あきらかにdocomo/softbankより不利ですね。そして、新型のSIMフリースマホはほとんどバンド1の技適は通過していますが「PHS保護」の技適は通過していません。申請しないからです。この状況でバンド1対応(技適通過)のSIMフリースマホを使うと、auで使った場合においては「電波法違法」となるわけです。

よって、ほとんどのSIMフリースマホはauネットワークでは(良い子は)使えません。
このあたりの苦悩(笑)はmineoのファンサイトにも詳しく説明(言い訳)されています(笑)。

【外部リンク:「SIMフリー」スマホのほとんどがなぜmineoの動作確認端末一覧に載ってないの?】

ちなみにauがもっとも自信を持っている800MHzのプラチナLTEはバンド18ですが、ZenFone2はバンド18にも対応しています。auだとバンド18だけあれば通常使用は問題ないんじゃないか?と思うので、いっそのことバンド1を殺してしまえば堂々と使えるんでしょうけどね。

【過去記事:ZenFone2を安く手に入れるには?】

au純正端末でも”au VoLTE”が使えない!!これは致命的

現在、mineoホームページの「動作確認端末一覧」によると「VoLTE対応機種については現時点ではmineo通信サービスをご利用いただけません」とのアナウンスがされています。

【外部リンク:動作端末一覧】

○VoLTE対応機種については、現時点ではmineo通信サービスをご利用いただけませんが、提供可能となり次第、お知らせいたします。

これって、どういうことなのよ?????

docomoは本家がVoLTEサービスを開始したと同時に端末が対応していればMVNOでもVoLTEを利用可能。VoLTEの利用にあたりMVNOの独自性は全くない、との表明をしています。まぁそうでしょうね。それなのに、本家auがVoLTEサービスを開始しているのにMVNOのmineoがそれを利用できないってどういうことなんでしょうか?携帯電話のネットワークには詳しくありませんが、iOS8系の問題とは違い、これはauとmineo間の問題だと思います。うがった見方をすればauとmineoのパートナーシップがうまくいってない印象も受けます。これはユーザーから見ると将来に渡って不安を持ちますよね。「提供可能となり次第、お知らせいたします。」とも記載されていますが、スピード感がないですよね。

au VoLTEの目途が立ったのか?(2015/08/24追記)

mineoのブログ「マイネ王」によるとmineoから”au VoLTE”提供の目途が立ったように読み取れます。ドコモプラン(Dプラン)提供開始の詳細内容を伝える同ブログの記事内にて「au VoLTE SIMへの交換」という記述がされています。

また、SIMの種類も増えてきていることから、上記に加え、SIM交換手数料は全て3,000円→2,000円に改定します。シングル⇔デュアルも、ナノ⇔マイクロ、今後予定しているauVoLTESIMへの交換も同様です!
【引用元:マイネ王 | ドコモプラン詳細発表!~auプランも料金改定~】

docomoへ浮気の必然性?

このとおり、auのMVNOとしては現在大きな三つの問題があります。

  1. iOS8系で動作しない
  2. au VoLTEが使えない
  3. PHS保護の技適を通過しているSIMフリースマホがない(少ない)

「1」の”iOS8系で使えない”というのはmineoにとっても予定外だったでしょう。
「2」についてはauまたはau&mineoの問題なので自業自得。
「3」については市場の見誤り。

結局、MVNOのサービスは「格安SIM」とくくられて「安くスマホが使える」をアピールしている市場ですから、魅力的かつ安価なSIMフリースマホで使えなければ需要は小さくなっていくのではないでしょうか。上記問題「3」については最初から分かっていたはずです。
これらの問題を解決するためにはMNOをdocomoにするのは必然的なのかな?と思います。

そうは言っても

“mineo & au”には頑張ってほしいですね。同様に”UQ-mobile & au”にも頑張って欲しいです。docomo一択、というのは良くないです。競合して格安SIM市場をもっと良いサービスにしてほしいですね。

2015/07/14追記
mineoやUQ-mobileでiOS8系を使うためのiPhone/iPad用プロファイルがテスト公開されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【過去記事:mineoやUQ-mobileでもiOS8系が使える?!IIJの技術力に拍手です!】



>>スポンサーリンク<<


お読みくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 新生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP